元野良猫のタキシードねこ「るひ・ルヒ・RUHI」との日々の生活

仮想通貨に銀行ってあるの?

CATEGORYその他
---------------------------------------------------------------
仮想通貨のあり方

さて、仮想通貨のあり方と言っても難しい事を書く訳ではありません。
とても一般的な常識的な事を書きたいと思います。

ぶっちゃけ、仮想通貨は非常に怪しいものです。
というのも、まだ仮想通貨は黎明期であり、まだそのあり方が定まっていないからです。
今は、実態が無いものに対して今後に対する期待と値上がりする期待からお金が流れ込んでいる状態です。
そんな状態であーだこーだ言っても仕方ないのですが、一応、今後あるべき形について考えたいと思います。

仮想通貨のできる事、それは多岐にわたります。
例えば、社内での監査の透明化、お金の流れの透明化、はたまた企業が発行するトークンとして、借金の代わり、土地取引の台帳等々、本当に多岐にわたります。

さて、これらに共通して言える事は何か?
簡単にまとめてしまえば、情報を記録し、それを第三者から監視しやすいように可視化することが得意です。
また、分散処理のために処理拠点を増やす事により、改ざんに対して強いというのも特徴でしょう。

ここで、仮想通貨というものが健全に保たれる為に必要なお金の流れというのを考えてみたいと思います。
データを記録する者に対して正当な報酬が支払われる事
ぶっちゃけて仕舞えばこの一点に尽きます。

正当な報酬が支払われる限りにおいて、データの保管者が積極的にデータの保管を止めるというのは考え難いでしょう。
なにせ、データ保管者のやってる事はインターネットに繋がっているパソコンを付けっぱなしにしているだけなので、それで収入が得られるならば止める理由が無いからです。
逆に言えばこのシステムを維持するためには、正当な報酬が支払われるだけの収入が無ければなりません。
また、支払われる報酬が安すぎた場合、このデータは悪意のあるものによるデータ改ざんのリスクに晒されます。
正当な報酬が得られなければ、データを不当に利用して収入を得ようとする悪意の者の割合が多くなり、結果として仮想通貨というシステムが破綻を迎えます。

そうならない為には付加価値を加え、データの改ざんが起きないようにするべきなのですが、その点に関してはおろそかになっているのが現状です。
-----------------------------------------------------
田中の仮想通貨ブログさんから引用させていただきました。

今一わからないがデータを記録するものが銀行の取引明細や通帳の記帳を担っているのか!?
これを読むと仮想通貨は、POW → POSへ移行していくのか?

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply