元野良猫のタキシードねこ「るひ・ルヒ・RUHI」との日々の生活

仮想通貨!?通貨なのか?現物のコインあるのか?誰が管理してるの?仮想通貨の銀行とかもあるのか?

CATEGORYその他
通貨なのか?現物のコインあるのか?

仮想通貨は基本的に固有の価値がありません。(現物のコイン無いのか!)
金銀銅などの希少金属なら電線を作ったり、アクセサリーを作ったり、電子機器を作ったり、これらは現物固有資産で利用用途を持ち、それに応じて需要が発生しそれに価値が生まれます。
しかし、ビットコインなどの仮想通貨は基本的には現物固有資産ではなく無価値です。image09.png
ただし、仮想通貨受取りコードが張られたコインレプリカがガチャガチャなどで売られています。

誰が管理してるの?

仮想通貨の仕組みに関して検討したいと思います。
仮想通貨には大きく分けると2種類あり、POWとPOSに分かれます。

POWというのが仮想通貨の大半であり、マイニング、いわゆるハッシュ探しを通じてブロックチェーンの生成が行われるシステムです。
POSというのが、一定の資産を持っておりかつノードを立てている者がランダムで報酬を貰えるシステムです。
わかりやすい例で例えると、POWが会社の社員で、POSが経営者という感じでしょうか。

POWのビットコインやライトコインは、ブロックチェーンの生成に重きがおかれ、ブロックチェーンの記録に対しては一切報酬が支払われません。
POSのNEMは、逆にブロックチェーンの記憶に重きが置かれ、ブロックチェーンの生成に対しては報酬が支払われません。
(記録を続けていけば実質的にブロックチェーンが生成されているのと同じな為POSはPOWを内包している)

POW型の仮想通貨BTCなどは意味がある計算が行われている訳ではありません。
そのため、BTCのブロックチェーンを生成する為の行為そのものに価値はありません。
POW型仮想通貨はブロックチェーンの生成に特化し過ぎており、そういった「情報を保管するノードが少ない=保管されている情報が改ざんされるリスクが高まっている」のが現状です。
大量の電力を消費して、無意味な計算をし、データの保管は善意の第三者任せ
ビジネスモデルの継続性という観点から言えば、黄色信号が灯っていると言わざる負えないのかも知れません。

一方POSの方は、ノードを建ててデータを保管する事が目的になっており、データを公開のブロックチェーンに保管したいという需要がある限りにおいて、継続性という観点は問題無いでしょう。
しかも、掛かるコストはPCを起動しておく精々100w程度なのでPOW型の仮想通貨と同じ金額が流入した場合、ノードの数は数倍ないし数十倍に達し、ブロックチェーンの改ざん難易度は飛躍的に高くなるでしょう。

仮想通貨は長期的に健全な運用がされていくかどうか!?当面注意しながら見ていくしかないようです。

田中の仮想通貨ブログさんから引用させていただきました

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply