元野良猫のタキシードねこ「るひ・ルヒ・RUHI」との日々の生活

①JRA-VAN用競馬ソフトを作る

CATEGORYJRA-VAN
競馬ソフトを作るにあたり必要なことを記載してみる

 1.対象競馬 = JRA主催レース
 2.使用環境 = Windows10 PRO、インターネット光
 3.データ提供 = JRA-VAN DataLab.(各仕様及びデータフォーマット)
   「JV-Data」(ジェーブイ・データ)は、「JRA-VAN Data Lab.」で提供される競馬データの総称
   「JV-Link」 (ジェーブイ・リンク)とは、「JV-Data」を利用するためのインターフェースモジュール
 4.開発ソフト = Microsoft Visual Stadio(Visual Basic)
   Visual Studio Community 2015(VS Community 2015はVS Professional 2015とほぼ同様の機能)
   Visual Studio 2010 Express 日本語版 ISO (Microsoft.com)
   Visual Studio 2008 Express with SP1 日本語版 ISO (Microsoft.com)
   ※旧バージョンは非常に見つけにくくまたアクティベートできなかったりします。
   ※上記リンクもいつ切れるかわかりません。
 5.開発支援 = JRA-VAN DataLab. ソフト開発者向けサイト
 

[環境整備]
 1.PCの記憶容量が250GBしかなく
   Visual Studio Communuty 2015をフルインストールすると容量不足になりそうなので
   CFDの「CSSD-S6O480NCG1Q」480GBに換装
   換装時EaseUS Todo Backup FreeでOSまるごとパーティションコピーし正常起動を確認
   復元ポイントを作成する。
   変な物をインストールしてしまった場合は、換装前のSSDと復元ポイントで対応する。
   (実際JRA-VAN DataLab.のユーザー作成ソフトをインストール失敗等の場合は重宝した)

2.Visual Studio Community 2015 を約半日掛かってフルインストール(約50GB)
  使い方が分からない? ^^;
  インターネット上を検索 @@
  「連載:簡単! Visual Studio 2015入門:」発見!早々購読してみる。

  第6回まで読み終え なんとなくできそうな気分になったので
  JRA-VAN DataLab.提供の「ソフトウエア開発キット(SDK)提供コーナー」から
  「JRA-VAN SDK本体(VerX.X.X)」をダウンロードし解凍してみる
  PDF等の仕様書を一通り読み終えたので(理解はしていない^^;)


  「JV-Link」をインストール無事終了しPC再起動
  ※トライアルキットDVD(1ヶ月無料利用権付き)プレゼントに応募し、
  JRAシステムサービス(株)が提供するデータラボ会員サービスを利用する上での
  基本ソフト(JV-Link)の料金が、まるまる1ヶ月無料!! 期間中の為大丈夫のはず!?

  サンプルファイルを「Visual Studio 2015」で読み込んでみる!!
  Visual Basicで読み込んでもVisual C++、Visual C#で読み込んでも・・・変換エラーになる
  変換エラー?・・・サンプルが古すぎて「Visual Studio 2015」では読み込めない
  (独断で勝手に古い開発言語を使うしかないと判断;;)

  JRA-VAN DataLab.の
  「ソフト開発サポート内」の
  「プログラミングパーツ・開発支援ツール提供コーナー」で提供しているパーツの開発言語

    Borland C++Builder 6 (2007/9/15)

    Borland Delphi 7 (2007/9/15)

    Microsoft VisualBasic 6 (2007/9/15)

    Microsoft Visual Basic 2008 Express Edition (2012/11/15)

    Microsoft VisualC++ 6 (2007/9/15)

    Microsoft VisualC++ .NET (2009/9/25)

  から比較的新しめの「Microsoft Visual Basic 2008 Express Edition」を
  インストールすることに決めMicrosoftを検索するも発見できず??
  Googleで「Microsoft Visual Basic 2008 Express Edition」を検索
  オンライン版はアクティベートできなくなっているようで90日で使用できなくなる・・・
  上記の検索の中からISO形式のダウンロードサイトを発見なんとかインストールできた。
  早速Microsoft Visual Basic 2008 Expressでサンプルファイルを読み込んでみる!
  今度は無事読込成功!

  JVLinkコント―ロールをVB2008に追加する
  VB2008を開き「ツールメニュー」「ツール」「ツールボックスアイテムの選択(X)」をクリック
jvlink.jpg
 「COMコンポーネント」タグをクリックし「JVLink Class」にチェックを入れ「OK」をクリックし追加する
jvlink_20161125133208c25.jpg
「ツールボックス」「全般」に「JVLink Class」が表示される

  デバックモードでサンプルプログラムを走らせてみる!!
  エラーが出て進まない@@;なんじゃ?どうすればいい?

  基本ソフト(JV-Link)の料金が、まるまる1ヶ月無料!!が期限切れの場合は
  エラー番号が返ってくるようなので
  デバックエラーとは無関係かな?
  ・・・
samplefaile

  JRA-VANサポート過去ログで「クラスが登録されていません」を検索 @@
  同じような案件があったがサポートからの回答がない!?
  一般ユーザーが「AnyCPU」を「x86」にすればとの回答が・・・

 ※原因が分かった!こちらを参照 >>> JV-Linkが64bit環境で動かない件について

  Microsoft Visual Basic 2008 Expressで[AnyCPU]を[x86]に変更の仕方が分からない?
  Googleで検索 Microsoft Visual Basic 2008 Expressが古すぎるのか見つけられない;;

  Microsoft Visual Basic 2010 ExpressのCPUの変更方法が乗っているサイトを見つけた!
  これはMicrosoft Visual Basic 2010 Express にするしかないと思い
  Microsoft Visual Basic 2010 Expressをインストールしサンプル読込変換も正常

  JVLinkコント―ロールをVB2010に追加する
  VB2010を開き「ツールメニュー」「ツール」「ツールボックスアイテムの選択(X)」をクリック
jvlink.jpg
 「COMコンポーネント」タグをクリックし「JVLink Class」にチェックを入れ「OK」をクリックし追加する
jvlink_20161125133208c25.jpg
「ツールボックス」「全般」に「JVLink Class」が表示される

  デバックモードで走らせると同じエラーが出た 早速[AnyCPU]を[x86]へCPUを変更してみる。

1. [ツール] [設定] [上級者用の設定]をチェック
joukyuusya.jpg

2. [ツール] [オプション] [すべての設定を表示]をチェック
3. [ツール] [オプション] [プロジェクトおよびソリューション] [全般] [ビルド構成の詳細を表示]をチェックし[OK]クリック
opusion.jpg

4. [ビルド] - [構成マネージャ]を実行し,設定する
x86.jpg

CPUの変更が終わったのでデバックモードで走らせてみた
kidou.jpg
正常に起動したようなのでデータ取り込みボタンをクリックしてみた
「ファイル識別子」と「データ提供日FROM」に何か入力するようだ!?
このサンプルプログラムの説明は「JRA-VAN DataLab.開発ガイド_3.0.0.pdf」の44ページに記載されている。
取得できるデータは通常データ、今週データ、セットアップデータの3種類のデータで速報系のデータは取得できない。

dousa.jpg
「ファイル識別子」には、SDKで提供された「ドキュメント」フォルダ内の「JV-Data450.pdf」の44ページから「JVData データ種別一覧」の「データ種別ID」を入力するのかな!?

「データ提供日 FROM」はタイムスタンプ西暦年月日時分秒
一応正常稼働したようなのでここから先は次回に持ち越しです。

 (各Expressのダウンロード先はこのページ上部 「4.開発ソフトに掲載」 ご利用は自己責任でお願いします。)
 

COMMENTS

1 Comments

There are no comments yet.

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/28 (Mon) 17:22 | EDIT | REPLY |   

REPLY

Leave a reply